結婚式引出物(解説&手配スケジュール)

 

ゲストのみなさんに「素敵な結婚式だった」と印象を残す上では、カタチに残るギフトの役割は重要。最近では「ゲストに本当に喜ばれるものを」と、ゲスト別のギフト贈り分けが一般的になってきている。まずは用意したいギフトの種類や、手配スケジュールとその注意点を把握し、どんなふうに贈り分けるかは、ゲストの構成を決めるのと並行して考えて。

 

結婚式のメインの記念品
引出物

披露宴の出席者に贈るメインの品で、ひとり4000~5000円程度。大切な記念品として形に残るものを贈るのが一般的。メインの引出物と引菓子、しきたり品を総称して引出物と呼ぶこともある。

 

赤飯、鰹節、かまぼこなど地域性豊か
しきたり品

地域によっては、特産品や縁起物をしきたりとして添えることがある。鰹節、赤飯、折り詰めなどが一般的だが、富山では蒲鉾、東北では寝具など、地域性豊かなので、両家の親世代に確認を。

 

引出物に添えて渡すお菓子
引菓子

引出物に添えて渡す1000~1500円程度のお菓子。ゲストが帰宅後、家族と一緒に味わうためのもの。定番の紅白まんじゅうやバームクーヘンに代わる品もいろいろ。日持ちするものを選んで。

 

お色直し後やお見送りで手渡したい
プチギフト

お色直しの再登場やお見送り時に手渡すもので、300~500円位が目安。ドラジェやチョコなどのお菓子が定番だが、最近は実用的な小物も多い。メッセージや新居案内のカードを添えると好評。

 

定番の花束以外にもいろいろ
親への贈呈ギフト

披露宴のクライマックスの演出、親への感謝を伝える時に花束と一緒に贈るギフト。誕生時の体重と同じ重さのベアなどのほか、旅行券や趣味に関するアイテムなど、実用的なギフトもおすすめ。