ブーケ・花飾りについての基礎知識

花嫁を美しく引き立てるブーケ選びの基本
ドレスとブーケのシルエットの相性

ドレスのように、ブーケにも基本的な形(シルエット)がいくつかある。ドレスのタイプによって似合うブーケの形も変わるので、ドレス姿をすてきに引き立てる、相性のよい形を探して。白ドレスに白とカラーの2種類のブーケを持ち替えてもいいし、白ドレスで1個、お色直しの衣裳ごとに別々に用意して、ガラリと雰囲気を変える演出もすてき。また、ブーケトスをするならトス用ブーケを用意するのがおすすめ。花嫁はブーケで変化を楽しむのがおしゃれ。

 

ラウンド

花を半円形に集めて作った丸いブーケ。キュートから大人系までどんなイメージにも仕上がるのが魅力。愛らしい雰囲気のドレスに合い、裾広がりのマーメイドにもマッチ。色使いや花材にこだわって個性を発揮して。

 

オーバル

ティアドロップともいわれ、涙のしずくに似た形。ふんわり感があり、大きめの花や動きのある葉ものが映え、花材次第でノーブルにもキュートにもなる。どんなドレスにも合わせやすく、特にベルラインにマッチ。

 

キャスケード

優雅なボリューム感のある縦長のラインが特徴で、格調高いブーケの代名詞。存在感のある花材を使うとゴージャス。トレーンを長く引くドレスやチャペルなど広い会場にぴったり。Aラインには長め&細めの変形版が合う。

 

クレッセント

三日月のようなカーブを描いたフォルム。ゴージャスにも、ナチュラルにもなり、花材によって表情が変化。ドレスの前があまり隠れないので、Aラインやふくらみの少ないベルラインに縦で持つと相性が良い。

 

クラッチ

束ねただけの、自然なスタイル。茎の部分を握る持ち方になり、ガーデンウエディングやカジュアルなパーティに映える。個性派ドレスに合うナチュラル、スタイリッシュなイメージが強いけど、優雅な仕上がりも可能。

 

メリア

プリザーブドに加工した花弁を幾重にも重ね、この世に存在しない大輪の花をかたどったブーケ。鮮やかに彩色した色を組み合わせて、芸術的に仕上げることも可能。細身のドレスやひざ丈の個性派ドレスにマッチ。

 

バッグ・ボール・リース

持ち手が付いたバッグ型や球状のボール型のブーケは、ユニークなかわいさが注目を集めそう。リース型のブーケは、永遠の愛を意味する縁起もの。どれも丸みを帯びたデザインなので、スレンダーなドレスには不向きかも。