二次会幹事 準備スケジュール

披露宴会場が決まったら、すぐに動き出して
幹事さんとの上手な連携が二次会を成功させる鍵

二次会は、披露宴に呼ぶ友人以外にも、さらに披露宴に呼べなかった知人や同年代の仲間を招いて、リラックスした雰囲気でお祝いするパーティ。披露宴の準備が忙しくてつい後回しになりがちなので、幹事さんと一緒に協力しながら準備を進めて。成功の鍵を握るのは幹事さん。「この人なら頼っても安心」と見込んだ人に早めにお願いして、役割分担や当日までの流れをよく話し合おう。まかせっぱなしで幹事さんが困らないよう、くれぐれも心配りを忘れないで。

 

準備は「ふたり」が、当日は「幹事さん」がリード
当日までの「やること」スケジュール

準備は4~5カ月前から始めたいもの。当日の仕切りは幹事さんにお任せするにしても、ゲストのリストアップや会場選び、招待状の発送などはふたりがリードして進めるのが一般的。まずは下の表で当日までに「やること」と、準備のスケジュールを理解して、どんなふうに役割分担するか、幹事さんと話し合おう。