五郎丸歩について

プロフィール

福岡県福岡市出身
身長 185cm、体重 100kg
ポジションはフルバック(FB)。
日本代表キャップは57(2015年10月12日現在)
ニックネームはGoro(ゴロウ)
血液型はB型

経歴

3歳でラグビーを始める。福岡市南区鶴田小学校出身。小学校4年から6年まではサッカーに専念し、福岡市選抜に選ばれたこともある。同市南区老司中学時代はサッカー部とラグビークラブに所属。佐賀工業高校時代には3年連続で花園に出場(いずれもベスト8)。U17日本代表にも選ばれる。早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年時よりフルバックのレギュラーとして活躍。全国大学選手権優勝を経験。

2005年3月、日本代表に選出[2]。2005年4月16日、対ウルグアイ戦で日本代表デビューを果たした。

2002年に行われた高知国体では、兄の亮と共に出場し、優勝。

2008年4月、トップリーグのヤマハ発動機ジュビロにプロ契約で入団したが、2010年度からヤマハ発動機の社員選手となっている。2010年9月4日の対NECグリーンロケッツ戦で、1試合でのトップリーグ新記録となる8ペナルティゴールを記録。

2011年2月5日、2011-2012シーズンの得点王(182得点)およびベストキッカー(38G/32PG)を初受賞した。

2012年1月6日、2012-2013シーズンの得点王(160得点)およびベストキッカー(40G/25PG)を2年連続2回目の受賞を果たした。

2015年、ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる[7]。本大会ではグループリーグ4試合に出場し1T/7G/12PGの合計55得点を記録、第3戦のサモア戦と最終戦のアメリカ戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選出、また大会終了後には大会ベストフィフティーンにも選ばれた。 同年11月4日、2016年シーズンよりオーストラリアのスーパーラグビー所属のレッズに加入することが発表された(ただし、現所属のヤマハ発動機には属したままでの加入となる)。

2016年1月25日、2015-2016シーズンの得点王(83得点)を3季ぶり3回目の受賞を果たした。また、リーグ戦通算1000得点今季達成選手として特別賞を受賞した。

2016年3月末をもって、ヤマハ発動機を退社。以後は、プロラグビー選手としてプレーする予定。

 

人物

2014年のゴール成功率81.4%を記録しているが、2015年のワールドカップでは、85%の成功率を目標に掲げていた。 2015年10月現在、日本代表テストマッチ最多得点記録保持者である。 同年、第28回小学館・DIMEトレンド大賞「話題の人物賞」、「GQ Men of the Year 2015」[11]、Yahoo!検索大賞 2015・アスリート部門賞を受賞 。 12月16日、日本忍者協議会から「マスター・オブ・ニンジャ」に認定された。

 

五郎丸ポーズ

プレースキックを蹴る前のルーティンの1つに両手を組み精神統一を図るものがあるが、これは元イングランド代表のスタンドオフジョニー・ウィルキンソン(2003年ワールドカップ優勝メンバー及び大会得点王)に倣っている。五郎丸の場合は伸ばした左右の人差し指の先を合わせ、右手の中指、薬指も立てて拳に被せ気味にする独自の物となっている。キックする時にはボールを2回回して芝に2回軽く叩いてセット。3歩下がって2歩左に移動、ポーズをした後に右足でキックする。このポーズが「五郎丸ポーズ」と呼ばれるようになり、2015年の新語・流行語大賞にもノミネートされ[14]、「五郎丸(ポーズ)」としてトップテンに選出され、「五郎丸」として2015年度ネット流行語大賞金賞(第1位)を受賞した。

 

テレビ出演

COLLEGE×SPORT(2014年9月22日、フジテレビ)
Going!Sports&News(2014年11月1日、日本テレビ)Going!特別版スポーツの秋!仰天選手SP(2014年11月8日、日本テレビ)
プロフェッショナル 仕事の流儀(2015年1月26日、NHK総合)
サタデースポーツ(2015年2月8日、2015年5月9日、NHK総合)
サンデースポーツ(2015年2月28日、NHK総合)
GET SPORTS(2015年3月16日、テレビ朝日)
次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL(※副音声ゲスト、2015年3月29日、日本テレビ)
行列のできる法律相談所(2015年6月7日、日本テレビ)
アスリートの魂(2015年9月12日、NHK BS1)
報道ステーション(2015年10月21日、テレビ朝日)
SMAP×SMAP・BISTRO SMAP(2015年11月2日、関西テレビ放送・フジテレビ)※ヤマハ発動機ジュビロ・清宮克幸監督と共演