青井達也について

プロフィール

大阪府出身。
ポジションはセンター(CTB)。
日本代表キャップは6。

経歴

旧制中学だった当時の天王寺高校に入学、1950年の第30回全国高等学校ラグビーフットボール大会で優勝を果たした。慶應義塾大学へ入学後もラグビー部ではキャプテンを務め、日本代表にも選出されイングランド遠征に同行した。卒業後は横河電機へと入社し、ラグビー部の選手として活動したほか常務取締役も務めた。引退後も日本ラグビー協会理事や慶應義塾大学ラグビー部OB会の黒黄会の会長などを務めた。

2009年3月22日、脳梗塞にて76歳で亡くなった[1]。

関連項目

大阪府立天王寺高等学校
慶應義塾體育會蹴球部
横河武蔵野アトラスターズ