青山学院高等部についてのまとめ

青山学院中等部・高等部(あおやまがくいんちゅうとうぶ・こうとうぶ)は、東京都渋谷区渋谷四丁目にある私立中高一貫制男女共学校。高等部では、中等部若しくは初等部から入学し、又は幼稚園から入園した内部進学の生徒と高等部から入学した外部進学の生徒との間で、第1学年から混合してクラスを編成する併設型中高一貫校である。スクール・モットーは「地の塩、世の光」(マタイによる福音書より)。

概要

現在ある中等部は1947年(昭和22年)開設、現在ある高等部は1950年(昭和25年)設立である。メソジスト派のミッションスクールで、キリスト教精神に基づく教育を行っている。青山学院初等部・幼稚園からの生徒のほかに中等部・高等部入学試験により入学した者が在籍している。

高中部という名称が使用されることもあるが、これは中高一貫での教育体制を実施するために、1986年(昭和61年)より学校法人青山学院が法人内に設定している組織名称であり、東京都への届出はあくまで中等部・高等部である。

全校生徒数は1,364名(2007年(平成19年)5月現在)で1学年中等部6クラス、高等部10クラス程度のホームルームで構成している。また、1クラスの生徒数は平均して40~45人である。

「価値観の多様性 (diversity) の共有」を目指す国際交流の取り組みとして英国パブリックスクールのリース・スクールやイートンカレッジ、イタリアのパスカル校と交流を深めている。

 

教育理念

本学は、青山学院教育方針[2]にもとづいて、ひとりひとりの生徒の人格を育み、その自己実現を支える。

また、与えられた自分の力を他者のためにも用い、隣人と共に生きることを喜び、平和な社会に貢献する人間の育成を目指す。